クレジットカード現金化の注意点について

≪メリットがあるのは間違いないですが、場合によっては利用を停止させられることもあります≫

キャッシング枠とショッピング枠について

クレジットカードを利用されたことがある方なら、常識かもしれませんが、説明しておくと、クレジットカードには「キャッシング枠」と「ショッピング枠」があり、キャッシング枠とはそのクレジットカードを使って、キャッシングが行える金額、ショッピング枠とはそのクレジットカードを使って、買い物ができる金額と定義されています。
しかし、両者は別々に存在するわけではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠があるという点にご注意ください。
また、クレジットカードには限度額が存在し、限度額というのはキャッシング枠で利用出来る金額とショッピング枠で利用出来る金額を合わせた金額であり、自分でキャッシング枠を決定することも可能とされています。
ですから、限度額が30万円に設定されている状態で、キャッシング枠で10万円分を利用した場合、残りの20万円分がショッピング枠として利用が出来る金額となるのです。

ショッピング枠の現金化とは?

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を調達できますが、この枠を使い切ってしまった場合、もう現金は調達できません。
その時に使える方法がショッピング枠の現金化という方法であり、これは、ショッピング枠を利用して買い物を行い、買った物を売ることで現金を調達するといった方法です。

現金化する際の注意点

クレジットカードの現金化の方法については、先にお話した通りですが、どんなものでも現金化に使えるわけではありません。
例えば、商品券等のような金券をクレジットカードで購入し、それを金券ショップで換金するということは、全くとは言えませんが、行えないものと考えていただいて結構でしょう。
これは金券の換金率が高いこともあり、このような利用の仕方をする方が大勢いらっしゃいました。
そのため、最近ではクレジットカードを利用して金券を購入できなくなり、できたとしても何度もそのようなことを行うことで、利用を停止させられるおそれもあるのです。
ですから、ショッピング枠の現金化を利用する場合は、商品券等以外のものを購入する必要があります。

換金率が高い商品とは?

せっかくショッピング枠の現金化を利用しようと思い、買い物をしてもそれが高く売れなければ、利用するメリットがありません。
つまりメリットを得るためには高く売れる商品、すなわち換金率が高い商品を購入しなければいけないのです。
そのような商品としては、エルメスやシャネル等のブランド物のバッグやプレイステーション等の本体やそのソフト等が挙げられます。
ただ、ブランドに関しては価格が常時変動し、ゲーム機に関しては封を切っていない状態でなければ高く売れないという点に注意しましょう。
しかし、この場合もゲーム機を3台クレジットカードで購入するといった不自然な利用をするとクレジットカード会社に怪しまれますので、上記の点と併せて気を付けたいところです。

終わりに

以上、簡単ではございますが、クレジットカードのショッピング枠の現金化についてお話してきました。
キャッシング枠を使い切ってしまった時の方法としてこの方法が存在するわけですが、結局はクレジットカードを使って買い物をするわけですから、いずれはそれを返済しなければなりません。
したがって、キャッシング枠の現金化は、あまり多用するようなことはせず、出来ることなら自分自身で働いて現金を調達するのが一番とも言えるのです。

参考サイト クレジットカード 現金化